2016年 10月 の投稿一覧

建築家と建てる家について

これから先、新築住宅の購入計画を立てていく場合に、建築家と建てる家を意識しておくことが大切です。専門的な知識とノウハウを持った建築家と建てる家は、とてもクオリティーが高く、長期的な満足感を大きくしてくれます。施主とその家族が求めている多くのニーズを取り入れて、一つ一つの丁寧なアプローチに繋げてくれることも、優位性として捉えることが可能です。中長期的なスパンで機能性や快適性の向上を追求する姿勢があれば、より良質な居住空間を作り上げてもらえるのです。こうしたアプローチによって完成した住宅に長期間居住している家族の体験談・レビュー等に目を通せば、客観的な評価を把握できます。どのような点に満足感・不足感を覚えたのか、具体的な内容を知ることが大切です。自ら積極的に多角的情報の収集を進めて、選択の参考にすることが求められます。家族ともよく相談した上で、建築家と建てる家のメリットを生かしていくことが必要です。

適切な住宅購入の資金計画を立てましょう

住宅購入を検討するとします。まずは場所を決めて、一戸建てにするか、マンションにするかを選択するのではないでしょうか。この時は新しい家での生活を想像し、楽しくなる時間です。ただ住宅購入の際、はっきり言って一番大切な事はお金です。家を決める為の話し合いは、夫婦でお互いの希望を言いながら、新しい生活に夢見る楽しい時間です。ただお金に関しては別です、自分達だけで適切な資金計画が立てれるのでしょうか。金利一つにしても、固定金利と変動金利があります。新築、中古物件で異なるそれぞれのメリットを把握して、自分達にはどのプランが適切なのかを決めるのは難しいはずです。借り入れをどこにするか、ローンの年数はどうするか、あまり楽しくない事を多々決めないといけません。今では不動産業者も適切なプランを提示してくれたり、相談に乗ってくれるようです。他にもフィナンシャルプランナーに相談し、住宅ローンの資金計画だけで無く、保険等の見直しを同時に行うのも良いでしょう。様々な情報があるので、まずは自分たちで調べて知識を付けて、その後に第三者の方にも意見を聞き、無理をしない資金計画を立てたいものです。

独自性のあるデザインなどが魅力です。

三重県の新築住宅はとても高価な買い物ですから、少なくとも自分のイメージ通りの家が造りたいとか他の家とかと違った、オリジナリティのある家が欲しいと思う人が増えてきています。有力の工務店や一流メーカーの注文住宅ではどうしても規格外のものになりますと選択肢が少なくなりがちですし、狭小地などの特徴のある土地などでは対応が難しいケースが見られます。その点デザイン住宅ですと、さまざまな部分での対応力が違いますし、アイディアの豊富さも際立っています。ですがやはり家ですので、見た目重視やデザイン力だけでは十分な物とは言えず、耐震性や耐熱性といった機能面や構造面が最近は重要視されています。長く住むことを考えますと、バリアフリーや太陽光発電などの省エネ対応も必要になってきます。一般的にはデザイン住宅は、さまざまな面で費用が一般の家に比べますと割高になる傾向があり、こだわりのある部分と妥協する部分のバランスを取りながら、割高になりがちな費用を調整する事も大切です。

家づくりを進める際の最初の取り組みついて

家づくりを進めるときに最初に行うのが、家を建てた後の生活を具体的にイメージすることです。水回りがどうであるとか友達を招待できるかどうかなど、イメージした家を建てられるかどうかを知ることが大切です。これを踏まえて資金計画を立てます。住宅取得者の負担軽減を図る措置にはどのようなものがあるかとか、不動産価格や金利の動向などを調べることで予算に合った家を考えます。その際に将来の家計の見通しも考えることが必要です。資金計画を立てたらモデルハウスを見学します。理想の住まいを具体的にイメージすることに繋がります。書籍やインターネットの情報だけではイメージ通りの家づくりはとても難しいです。モデルハウスの見学で雰囲気を掴むことができ、初めて気付かされることもあります。その次に資料請求をします。最初に資料請求をするのではなく資金計画を立ててモデルハウスを見学することで、家づくりをお願いしたい企業に絞り込んで資料請求ができます。資料請求や問い合わせに対するスタッフの対応も見ることが大切です。対応の良い企業は信頼することができます。

地震に備えた耐震設計と補強について。

軟弱な地盤や液状化しやすい地盤の上に建つ住宅は通常の建物よりも壁量を増やし、耐力壁を多くする必要があります。耐力壁には地震時の水平方向に働く力を緩和する効果があります。1階に大きな部屋を設けると、柱や耐力壁の量が2階に比べて少なくなり耐震性が低下します。したがって、住宅の耐震性をより一層高めるためには1階に大きな部屋を設けないようにします。建物の各柱にかかる荷重が均等になるように配置します。各柱にかかる荷重が均等になることで、負荷が部分的に集中することなく一定の強度を保つことができます。金物は地震時の引っ張りの力に耐えることができるので、梁と柱の接合部分に設置します。耐震性の度合いを把握することで、必要な補強を効率的に行うことができます。耐震性の度合いを判定するには診断を行います。補強工事には屋根を軽くする工事や傷んだ土台を交換する工事等があります。地震の対策を十分に行うことで、災害時の被害を最小限に抑えることができます。

北欧住宅は、断熱気密性が高く暖かさが魅力です。

家には様々なタイプがあり、シンプルモダンや現代和風といった日本の伝統的な住宅から、南欧タイプや北欧タイプなどの様式があります。中でもここ数年のうちに人気が高まっていますのが、北欧住宅です。家具などでも、北欧調の物はとても日本人には好まれていて、独特の木の温かみのある雰囲気などは、ナチュラル志向の人には支持されています。家もどこかメルヘンチックな外観なども評判ですが、やはり北欧住宅は機能的にも住宅としての魅力が十分あります。北欧住宅の魅力といえば、やはり高い断熱気密性があげられます。気密性の高い家は、夏は涼しく冬は暖かくなり、快適性などはとても評判です。気密性が高まりますと、暖房器具などの燃料費を抑えることが出来ますので、省エネで環境に優しい家になります。高機能の2枚の板ガラスなどを使用しているサッシなどで、部屋からの空気を逃がさない構造になっていて、これが暖かい部屋を作ってくれます。木の温もりのある家は人を優しくしてくれますので、新築住宅を手掛けますと、特に自然派の人には満足してもらえます。

住宅を新築するときの間取りについて

住宅を新築するときは、決めることがとてもたくさんあります。家族全員で決めたいことのひとつに、間取りがあります。この間取りは、以外に難しく、住宅が出来上がってから「失敗したな」と感じたり「もう少しずらしておけばよかった」などと感じることが多いです。失敗しないためには、色々な住宅を見たり、土地の環境などをよく観察しておくことが重要です。出来上がるまで体験することができないので、住宅に関する情報はできるだけ知っておくことがいいです。専門サイトなどに、間取りに関する情報がたくさん載っています。間取りで一番困るのは、収納のようです。最近では、ウォークインクローゼットを作ることが多いです。引き出しを置く場合は、開けるのに必要なスペースを確保します。通路として必要なスペースの確保や、クローゼットの形なども考える必要があります。その他にも、光が入るのか、音や動線などを考慮し、部屋などの配置を決めていきます。

相続した土地にて建替えを行う方が増えています

実家の土地を相続して新築住宅に建替える方が多くなっています。高齢化社会によって誰も住まなくなった空き家が増えており、治安の悪化といった問題が社会問題化しており、自治体によっては新たに罰則が設けられることになりました。このため、土地を有効活用するためにこれまでの古い住宅を壊し、新しく建替えを行うことによって罰則を回避し、さらに親が生きている内に相続することによって支払う税金も抑えることが出来るメリットがあります。また、新築住宅に建替えることによって設備なども省エネの機材を多く採用することが出来ます。これによって生活費の多くを占める電気代や水道代といったランニングコストも抑えることが可能となり、さらには住宅に用いられる素材なども多様化していることから費用も抑えられるので、手軽に建てることが出来ます。また、ローンに関してもすでに土地を取得していることから利用しやすくなっていることも魅力となっています。

新築住宅を建てる時は地盤調査をするべき

新築で住宅を建てる際に自然災害によって住宅が被害を受けないように耐久性の高い建物を建てるのは大切な事ですが、その建物を建てる土地の地盤によっては建物の強度が充分でも大きな被害を受ける事があります。同じように地震の被害を受けても地盤によって揺れ方も違いますし場所によっては液状化現象によって土地の問題で住宅が倒壊してしまう事もあるのです。その為住宅を建てる際は地盤の調査をしてもらったり既に調査が行われていて結果が出ている場合はその土地の地盤が地震の時に揺れやすい土地なのか液状化現象が発生しやすい土地なのかを知る必要があります。土地の状態知った上で災害に強い場所を選んで家を建てる事で家の安全性は大きく高まります。建物を建てようとしている場所は当然ですが、その付近に土砂災害の危険がある場所があるとその土砂災害家が巻き込まれて被害を受ける可能性があるので周辺の状況も合わせて把握するとより安全性を高められます。

新築住宅を建てるなら断熱材にこだわるべき

新築住宅を建てる際は、断熱材にこだわるのが正解です。断熱材がきちんと入っている住宅は、冷房費や暖房費削減することも出来ますし、建物全体の温度差が少なくなりますのでヒートショックの恐れもなくなります。また防音性にも優れていますので、静かな毎日を過ごすことが出来ます。窓の結露もしにくくなりますので、カビが生えにくく、ダニの発生も抑えることが可能になります。では、どのような箇所に断熱材を入れるべきなのでしょうか。外気の影響を受けやすい場所に入れると効果が高くなります。窓もそうですし、天井や外壁にも入れることが出来ますので、最初から予算に入れておくと良いでしょう。そんな断熱素材ですが、かなり種類が多いのです。最も一般的なのが、グラスウールやロックウールなどの無機質繊維系です。そして、身体に良い自然素材系で出きている、セルロースファイバーや羊毛もあります。フェノールフォームなどの発泡プラスチック系という素材もあります。