オフィスや病院などの公共施設で導入されている全館空調は、一般の住宅にも設置することが可能です。
イメージ的には設置費用は高額で毎月のランニングコストも高いと思われがちですが、近年は各社のシステムとも進化しており、導入に必要な初期費用は安くなり電気代も減っています。
具体的な全館空調システムを設置するための必要な費用は、建物の規模やメーカーによって価格は異なるのでバラツキがあります。
一般的には、200万円から300万円程度が設置費用の相場です。
毎月の電気代は、現在の全館空調システムは効率化されているので毎月1万円から2万円程度です。
オール電化にしている住宅なら、月々2万円から3万円ほどになるとされています。
他にも必要な費用としては、メンテナンスや修理費なども考えておく必要があり、メーカーによっては年間5万円ほどです。
全館空調システムを住宅に導入する際には、これらの必要な価格を把握しておきましょう。